2017年03月07日

今年最後の味噌づくりWS

今年も1月と2月に開いた味噌づくりワークショップ。
たくさんの方にご参加いただき、うれしい限りです。
そして、今年最後のチャンス。
山形の「とらすと味噌」と同じ生こうじを使って
約3kgのお味噌を仕込みます。
無農薬・無化学肥料・遺伝子組み換えなしの大豆、天日塩を使用。
麹の米も無農薬・無化学肥料のあきたこまち七分づきです。

とらすと味噌(新庄最上有機農業者協会)
http://yuuki100.com/misosyouyu.html

●2017年3月12日(日曜) 11時〜14時
軽食付き4200円
*ご希望の方には宮城の玄米麹もご用意できます。

場所:仙川・納々屋BC里見荘(若葉町)お申し込み時に地図をお渡しします。
持ち物:エプロン、三角巾、味噌を入れる容器*。
すりこぎ、マッシャーなど、大豆をつぶす道具。
厚手の靴下や室内履きなど、足もとが暖かくなるもの。
問合せ・申込み先:納々屋03-5315-3778
   (当日のご連絡は080‐5035‐6647へ)

*納々屋では昔ながらの甕も販売しています。
弥満丈製陶所製。強度があり、耐久性・通気性に優れ、
梅干しや味噌、ぬか床などの保存容器に向いています。
オーガニックホワイト無地の小さ目サイズもあります。

posted by nanaya at 08:35| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

冬の甘酒茶屋「なな吉」

冬の日曜日、里見荘へ。
2月26日、甘酒茶屋「なな吉」が一日限定開店



里見荘は昭和30年代に建てられた小さな木造の一軒家。
おばあちゃんちのような、なつかしい、ほっとする空間です。
そんな里見荘に、甘酒を飲みにいらっしゃいませんか。

夏にもひっそりと限定開店した「なな吉」ですが、
今回は冬バージョン。
あったか甘酒とほっこりおやつをご用意します。

無農薬自然栽培のお米でつくった麹100%甘酒と、
ほし芋、おもち、干し柿…。
玄米餅をこんがり焼いて自家製醤油につけて。
香ばしいにおいもごちそうです。

寒いけれども、陽光ふりそそぐ里見荘へ。
そして、甘酒をひとくち。
きっと元気がでます。

2017年2月26日(日曜日)11時30分〜16時
里見荘=調布市若葉町1丁目-34-14
*甘酒、おもちとも限定数のため、ご予約も承ります。

問合せ先=納々屋03-5315-3778  あるいは納々屋携帯080-5035-6647
posted by nanaya at 02:02| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

雑穀料理教室 日程変更のお知らせ

リュウウェイさんの雑穀料理教室ですが、
第1回目の基礎編を3月に変更させていただきます。

お申込みいただいた皆様には個別にご連絡さしあげましたが、
日程の調整がつきしだい、またお知らせいたします。
よろしくお願いいたします。

posted by nanaya at 21:25| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

明日のみそづくり。佐藤あい子さんのお話も

納々屋のみそづくりは、
山形の無農薬トラスト大豆と無農薬米の七分づき生麹を使用します。
レシピは山形・新庄最上有機農業者協会のもの。
今回は新庄最上有機農業者協会の佐藤あい子さんに
味噌をはじめ大切な食べものについてもお話ししていただきます。

あい子さんは30年前に仙川で「ほうすいえん」という
自然食料品店を営まれていましたが、
その後、山形に移住、無農薬の大豆、はとむぎづくりに携わり、
2年前には「豆むすめ」という大粒納豆の販売も始められました。
添加物だらけの加工食品について警鐘を鳴らし、
こどもと安心して囲める食卓づくりのためのヒントをお話してくださいます。
お子さんのいらっしゃるお母さんたちにぜひ聞いていただきたいお話です。

前回のみそづくりの参加者、
みそづくりは参加しないけどお話だけ聞きたい方、
食事つき1000円であい子さんのお話会にご参加いただけます。
また個別のご相談も承ります。
お話会のお申し込みは納々屋までお願いいたします。
納々屋03-5315-3778 納々屋携帯080-5035-6647



posted by nanaya at 09:12| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

雑穀料理教室

リュウウェイさんの雑穀料理教室

白米に混ぜて炊いていても、知っているようで知らない雑穀。
2017年、雑穀について学び、毎日の食卓に取り入れてみませんか。
ヴァイオリニストであり雑穀エキスパートのリュウウェイさんに学びます。

● 劉薇(りゅう うぇい) 中国シルクロード蘭州生まれ。1984 年西安音楽学院卒業、1986 年来日。東京芸術大学大学院修士課程、博士課程修了。ヴァイオリニストとして国内外で演奏活動を行なうかたわら、雑穀エキスパートとしても活躍。雑穀を食べることで慢性腎臓病を改善させた自らの体験をもとに「雑穀の会」を立ち上げ、生産者との交流会や講演会のほか、東京の自宅で料理教室を開くなど、食の大切さを伝える活動を続けている。

全5回のシリーズ、第1回目の基礎編が2月19日(日)に開催されます。
1回目は雑穀の基礎知識と基本の下ごしらえ、
2回目以降は季節に合わせた雑穀料理を学んでいきます。
各回ともリュウウェイさんとともに料理を作り、皆で味わいます。
●日時(各回10時〜13時)
1回目 2月19日(日) あわ、ひえ、きび。雑穀の基本。 
2回目 4月16日(日) 春の雑穀料理
3回目 6月18日(日)予定 夏の雑穀料理
4回目 9月10日(日)予定 秋の雑穀料理
5回目 11月12日(日)予定 冬の雑穀料理
●参加費 各回5200円
●場所 仙川・納々屋BC里見荘(調布市若葉町)
お申し込み時に詳細をご案内します。
●問合せ・申込先 仙川・納々屋03-5315-3778 納々屋携帯080-5035-6647
posted by nanaya at 09:15| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

2017年の味噌づくり

毎年ご好評いただいている納々屋の味噌づくり。
今年も山形の「とらすと味噌」と同じ生こうじを使って
約3kgのお味噌を仕込みます。
無農薬・無化学肥料・遺伝子組み換えなしの大豆、天日塩を使用。
麹の米も無農薬・無化学肥料のあきたこまち七分づきです。

とらすと味噌(新庄最上有機農業者協会)
http://yuuki100.com/misosyouyu.html

●2017年1月28日(土曜) 11時〜14時
●2017年2月12日(日曜) 11時〜14時
●2017年3月12日(日曜) 11時〜14時
いずれも軽食付き4200円
*宮城・佐々木さんの玄米麹もご用意できます。

場所:仙川・里見荘(参加者には地図をお渡しします)
持ち物:エプロン、三角巾、味噌を入れる容器*。
すりこぎ、マッシャーなど、大豆をつぶす道具。
厚手の靴下や室内履きなど、足もとが暖かくなるもの。
問合せ・申込み先:納々屋03-5315-3778
   (当日のご連絡は080‐5035‐6647へ)

*容器として、テラペールのバケツを頒布します。5ℓ用2160円
テラペールは抗酸化力を有する溶液でできています。
容器内の活性酸素を消去するので、お米や食品の保存に適し、
漬物容器として、酵素ジュースづくりにも便利なバケツです。
テラペールご希望の方は、ワークショップ参加申し込み時にお知らせください。
数に限りがあります。
posted by nanaya at 01:01| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

ハノサチさんと新春ごはんの会

2017年1月15日(日)に、
ハノサチさんと新春ごはんの会を開きます。
山梨県都留市で無農薬野菜を育てているハノサチ(羽野幸)さん。
畑仕事も力仕事もひとりでこなすスーパー乙女。
農作業に追われ、なかなか畑を離れられない羽野さんですが、
今年は新春早々、石臼をもって里見荘にきてくださいます。
なぜ石臼かといえば、きなこをつくるため!
納々屋の自家製しょうゆもご用意しますので、
皆でおもちをいただきましょう。
かまどで火おこししてハノサチご飯も味噌汁も。
皆でつくって大家族のように食卓をかこむのって楽しい。
ハノサチさんに野菜作りのお話もしていただきます。
日時:2017年1月15日(日)10時〜14時
場所:調布市若葉町1-34-14 納々屋BC里見荘
会費:2300円
定員:先着15名
問合せ・申込先:納々屋03-5315-3778(携帯080-5035-6647)

posted by nanaya at 23:40| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

年末年始の営業

おそば、おせち、おもち、おつけもの。
年末年始のおいしいものがそろいました。
お待ちかね、冬のおやつ、干し芋と落花生も入荷しました。

年末の営業は30日まで、
年始は1月6日(金)から営業いたします。


posted by nanaya at 22:11| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする